2010年12月30日

臨機応変(りんきおうへん)

臨機応変(りんきおうへん)


意味:
時と場合によって柔軟にうまく適切な処置をすること。

用例:
そんな漁師を臨機応変に見つけ出す能島さんもまた頼もしい人に思われた。
<井伏鱒二 『黒い雨』>

出典: 『南史
英訳:
類義語:
随機応変(ずいきおうへん) / 変幻自在(へんげんじざい)
/ 当機立断(とうきりつだん) / 量体裁衣(りょうたいさいい)
/ 当意即妙(とういそくみょう)
対義語:


黒い雨 (新潮文庫)

はじめての人にもわかる 十八史略の人間学

posted by かつや at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 「り」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/177548188

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。