2011年03月03日

理非曲直(りひきょくちょく)

理非曲直(りひきょくちょく)


意味:
道理に合ったことと、合わないこと。
間違ったことと、正しいこと。

用例:
目標はダルメイダが滞在し説教していた信者の家であった。
しかしこの争の理非曲直は明白である。 
<和辻哲郎 『鎖国』>

出典:
英訳:right and wrong / sense of right and wrong
類義語:
是非曲直(ぜひきょくちょく) / 是非善悪(ぜひぜんあく)
/ 曲直正邪(きょくちょくせいじゃ) / 曲直是非(きょくちょくぜひ)
/ 正邪曲直(せいじゃきょくちょく) /是非正邪(ぜひせいじゃ)
/ 善悪邪正(ぜんあくじゃせい) / 善悪正邪(ぜんあくせいじゃ)
/ 善悪是非(ぜんあくぜひ) / 善悪美醜(ぜなくびしゅう)
対義語:


セカンドライフ散策日記

posted by かつや at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 「り」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188628951

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。