2011年03月19日

諸行無常(しょぎょうむじょう)

諸行無常(しょぎょうむじょう)


意味:
この世のいっさいの現象は常に変化・消滅して絶えない形容。

用例:
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。
<平家物語>

出典:『景徳伝灯録』
英訳:everything is transient
類義語:
生死無常(しょうじむじょう) / 無常迅速(むじょうじんそく)
/ 老少不定(ろうしょうふじょう) / 有為転変(ういてんぺん)
/ 有為無常(ういむじょう) / 万物流転(ばんぶつるてん)
対義語:


平家物語 (日本の古典をよむ 13)

新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)

posted by かつや at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 「し」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191468288

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。