2012年06月20日

二股膏薬(ふたまたこうやく)

二股膏薬(ふたまたこうやく)


意味:
そのとき次第でどちらの側にも従うこと。
また、その人。
定見なく、あっちへついたり、
こっちへついたりする節操のない人。

用例:
前田利家あたりから「二股膏薬」とののしられたにせよ、
三十三歳でこの措置は、なかなかの敏腕といえるだろう。
<杉本苑子・決断のとき>

出典:
類義語:
内股膏薬(うちまたごうやく) / 股座膏薬(またぐらごうやく)
対義語:


四字熟語・格言を覚えよう

posted by かつや at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。