2012年07月04日

巧言乱徳(こうげんらんとく)

巧言乱徳(こうげんらんとく)


意味:
巧みに飾った言葉は、人を惑わして徳の妨げになること。
口先ばかりで誠意がないと、結局信頼を無くして
徳を乱すもととなり、ひいては他人の徳も
傷つけることになるという意から。

用例:

出典:『論語
英訳:big talk /hot air /pipe dream
類義語:
対義語:


高校生が感動した「論語」 (祥伝社新書)

posted by かつや at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 「こ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。