2012年09月18日

一刀両断(いっとうりょうだん)

一刀両断(いっとうりょうだん)


意味:
物事を思い切って処理するたとえ。
また、物事をためらわずにきっぱり決断するたとえ。
一刀のもとに物を真っ二つに断ち切る意から。

用例:
正に一刀両断、薩長さっちょうの手先、血祭にしてやる、
しかし、おれも新徴組の片山だ。
<子母沢寛・勝海舟>

出典:『朱子語類
英訳:
類義語:
快刀乱麻(かいとうらんま) / 単刀直入(たんとうちょくにゅう)
/ 問答無益(もんどうむえき) / 問答無用(もんどうむよう)
対義語:


勝海舟 (第1巻) (新潮文庫)

 
posted by かつや at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 「い」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/293150741

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。