2014年01月04日

離群索居(りぐんさっきょ)

離群索居(りぐんさっきょ)

意味:
仲間と離れて一人で孤独にいること。
山里でわび住まいをすること。

用例:

出典:『礼記』檀弓上
英訳:
類義語:
対義語:

posted by かつや at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

形単影隻(けいたんえいせき)

形単影隻(けいたんえいせき)


意味:
独りぼっちで孤独なこと。
独り身で助けてくれる人のいないこと。
からだも一つ、影も一つの意から。

用例:

出典:韓愈「十二郎を祭るの文」
英訳:
類義語:
対義語:


ニュースな日記
 
posted by かつや at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

千客万来(せんきゃくばんらい)

千客万来(せんきゃくばんらい)


意味:
多くの客が入れ代わり立ち代わり入って来て商売が繁盛すること。

用例:
源氏滅亡と見えたとたんから、六波羅御門は、
牛車、お馬、輿こしなど、千客万来を呈しております。
<吉川英治・源頼朝>

出典:
英訳:a succession of visitors / so many visitors
類義語:門前成市(もんぜんせいし)
対義語:門前雀羅(もんぜんじゃくら)


ことわざ大好き!?

posted by かつや at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

二股膏薬(ふたまたこうやく)

二股膏薬(ふたまたこうやく)


意味:
そのとき次第でどちらの側にも従うこと。
また、その人。
定見なく、あっちへついたり、
こっちへついたりする節操のない人。

用例:
前田利家あたりから「二股膏薬」とののしられたにせよ、
三十三歳でこの措置は、なかなかの敏腕といえるだろう。
<杉本苑子・決断のとき>

出典:
類義語:
内股膏薬(うちまたごうやく) / 股座膏薬(またぐらごうやく)
対義語:


四字熟語・格言を覚えよう

posted by かつや at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

安寧秩序(あんねいちつじょ)

安寧秩序(あんねいちつじょ)


意味:
国や社会が落ち着いていて、乱れていないこと。
平和で不安がなく、秩序立っていること。

用例:

出典:
英訳:
類義語:
対義語:


四字熟語・格言BLOG
posted by かつや at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

悪事千里(あくじせんり)

悪事千里(あくじせんり)


意味:
悪い行為や評判は、またたくまに世間に知れ渡ること。

用例:
馳はせ抜けても、とは思えど悪事千里といえば
折角の辛棒しんぼうを水泡むだにして、
<樋口一葉・大つごもり>

出典:『北夢瑣言』
英訳:Ill news comes apace.
類義語:
対義語:


四字熟語・格言・ことわざブログ

posted by かつや at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

暴言多罪(ぼうげんたざい)

暴言多罪(ぼうげんたざい)


意味:
手紙などの文末に記す失礼をわびる語。
乱暴な言葉を並べて傷つけ、
多くの罪を犯してしまいましたの意から。

用例:

出典:
英訳:
類義語:妄言多謝(もうげんたしゃ)
対義語:


ことわざBLOG

posted by かつや at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

清廉潔白(せいれんけっぱく)

清廉潔白(せいれんけっぱく)


意味:
心が清くて私欲がなく、後ろ暗いことのまったくないさま。

用例:
けれども青砥は、決して卑いやしい守銭奴ではない。
質素倹約、清廉潔白の官吏である。
<太宰治・新釈諸国噺>

出典:
英訳:
類義語:
清廉恪勤(せいれんかっきん) / 品行方正(ひんこうほうせい)
/ 青天白日(せいてんはくじつ)
対義語:
佞悪醜穢(ねいあくしゅうわい)


太宰治研究〈11〉作品論特輯 『新釈諸国噺』

posted by かつや at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

悪鬼羅刹(あっきらせつ)

悪鬼羅刹(あっきらせつ)


意味:
恐ろしい魔物のたとえ。

用例:
庄九郎、白雲は、それらをあちこちに追いつめ、
悪鬼羅刹のように刀槍をふるった。 
<司馬遼太郎「国盗り物語」>

出典:
英訳:to turn a deaf ear to something
類義語:
異類異形(いるいいぎょう)/ 怨霊怪異(おんりょうかいい)
・怪力乱神(かいりょくらんしん)/ 牛頭馬頭(ごずめず)
/ 狐狸妖怪(こりようかい)/山精木魅(さんせいもくみ)
/ 魑魅魍魎(ちみもうりょう)/ 妖異幻怪(よういげんかい)
/ 妖怪変化(ようかいへんげ)
対義語:


ことわざ大好き!?

posted by かつや at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

安常処順(あんじょうしょじゅん)

安常処順(あんじょうしょじゅん)


意味:
平穏な日々に慣れ、順境に身をおく状況。
無風状態の平和でのどかな暮らしをいう。

用例:

出典:
英訳:
類義語:
対義語:


四字熟語・格言・ことわざブログ

posted by かつや at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 「あ」-四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。